テマサトラベルSTAFFブログ
  • 旅先でのこと、日常のことを書き綴ったスタッフ日記
イスラエルのいろはへ
世界遺産イスラエル編


キブツってどんなところ?

キブツの食堂風景(ハダルオヘル)KIBBUTZとはヘブライ語で「集団・集合」を意味する言葉です。イスラエルで生まれた「キブツ」と呼ばれる共同村は、1909年帝政ロシアの迫害を逃れた若いユダヤ人男女の一群が、パレスチナに帰って、最初のキブツ・デガニアをガリラヤ湖畔に作ったところからスタートしました。

 彼らは、自分たちの国家建設の夢を実現させようと願って、集団生活を始めました。生産的自力労働、集団責任、身分の平等、機会均等という4大原則に基づく共同体を建設したいと願っていたのです。その第一歩として彼らは農地を買い、風土病(マラリヤ)などと戦いながら、ユーカリの木を植え、湿地帯を開墾し血のにじむような努力をして生活しました。

その後、ヨーロッパ諸国、イラク、北アフリカ、エジプト、南米からの新帰還者を加え、また苦しい労働と共同の努力が実を結び、キブツ運動も次第に大きくなり数も増えてきました。子供達も数を増し始めたので小学校や中学校、高等学校も開設され始めました。

キブツの牛舎風景(レフェット)キブツの規模は正規のメンバーが200~300名位が最も多く、それに子供や青年も加わってひとつの村を形成しています。

これらキブツの農場生産部門は多岐にわたり、酪農、養鶏、柑橘類栽培、バナナ園、養魚場、小麦、綿の栽培があります。その農場生産技術は国際的にも最高の水準を保ち、関係者の注目するところです。これら農場部門に加え、多くのキブツでは、電子機器、家具、プラスチック製品、農業機械、灌漑用設備など多種多様な製品を作る工場、観光施設などを経営しています。

またキブツ内には、図書館、診療所、プール、テニスコート、映画館などもあります。喫茶室や各種の同好会などもあり、1日の労働を終えたキブツのメンバー達が、三々五々集まって楽しく有意義な時間を過ごしています。

現在キブツの数は270近くあり、農業生産では全体の40%、輸出向け工場製品の約8%を占めています。初代首相ベングリオン、ゴルダ・メイール、イガエル・アロンなど数々のリーダー達を輩出しています。

▼キブツの一日

キブツの朝食風景

キブツの一日は早朝から始まります。それぞれの仕事によって始業時間は異なりますが、普通6時から7時には現場に集合し、労働が開始されます。仕事の内容は単純なものがほとんどですから、心配はありません。労働開始後、1時間から2時間後に大食堂で朝食をとります。

新鮮な野菜やフルーツと乳製品は、体を動かした後ならではの素晴らしい味わいです。

その後、昼食をはさんで13時~15時頃までに仕事は終わります。工場などでは、午後・夕方から始まるような仕事もあります。

仕事が終われば、各自の自由時間です。スポーツ(水泳、バスケット、テニスなど)を楽しむ人、昼寝をする人、家庭でくつろぐ人などさまざまです。夕方には仕事場で知り合いになった方々を訪問すると面白いと思います。自家製のケーキとお茶をいただきながら、英語や片言のヘブライ語でも思い切って話してみると楽しい交流の輪が広がるでしょう。日本の絵葉書や家族の写真などを持っていくと話もはずみます。キブツのキヨスク


なお、金曜日の夕方から土曜日の夕方までは安息日(シャバット)ですので労働はありません。慌ただしい日本では味わえない静かなひとときで、公共の交通機関もストップします。そんな日を利用して小旅行に出かけ聖書の遺跡や有名な観光地を巡るのも一案でしょう。

▼主な仕事内容

キブツの洗濯場
※ 食堂:調理、食器洗い、配膳
※ 農場:果樹園などの収穫
※ 子供部屋:幼児への食料運搬、掃除
※ 洗濯場:クリーニング、アイロン
※ 工場:材料運搬、製品出荷など
※ 牛舎:乳牛の世話、搾乳
※ 鶏舎:卵の集荷、鶏の出荷
※ キブツ手入:芝刈、プール掃除


▼キブツのボランティア制度をご存知ですか?

一日7~8時間、週6日間、簡単な仕事(皿洗い、草取り、農産物の収穫、工場の単純労働など)を提供することによって、3度の食事、部屋(もちろんベッドや毛布付き)、わずかなお小遣いなど基本的な生活必需品はすべて提供してくれます。

 この制度の魅力は、何といっても世界中から集まってくるボランティア達。イスラエルの小さな村にいながら、とってもインターナショナルな雰囲気に浸れるのです。語学力(英語だけじゃありません)をためしてみるのも良し、人間観察をするも良し、休暇を利用して歴史と考古学の宝庫イスラエルを巡るも良し。日本と全く違う環境のなかで、自分なりの時をお過ごしください。

 イスラエルの専門店テマサトラベルならではの企画。詳しくは現地留学体験者いっぱいの弊社へお問合せください。

このページのTOPへ
Copyright(C)2009-2016 www.temasa.co.jp All rights reserved.