鳴門と倉敷「聖書名画鑑賞の旅」 3日間
クリックにて拡大
プランナーより一言
 西洋の有名絵画やバチカンのシスティナ礼拝堂の壁画を
原寸大で陶板に写した鳴門の大塚国際美術館、
エル・グレコの「受胎告知」を始め著名な西洋画家の作品を集めた
倉敷の大原美術館などを見学。ここでは貸切のモーニングツアーを予定しています。

また、お庭の国宝とも言われる高松の栗林公園や、
日本三大庭園の一つ岡山の後楽園などをめぐります。

そのほか、賀川豊彦記念館や石井十次記念館など、絵画や人物、庭園を通して
キリスト教と日本の心に触れる旅です。
出発日と料金
日付 料金(2名1室)
7月16日(火) 98,000円
(他の部屋割りにつきましてはお問い合わせください) 
旅程
日数 場所 旅程詳細
1日目 羽田空港
(徳島空港)
鳴門
南あわじ
朝の便(09:00~10:00頃発)で徳島(10:00~11:00頃着)へ。
到着後、鳴門海峡の絶景を展望しながら昼食。
(専門ガイドの案内で)大塚国際美術館の見学。
その後、うずしお観潮船でうずしおを見学し、ホテルへ。【南あわじ泊】
2日目 鳴門
さぬき
高松
鷲羽山
倉敷
賀川豊彦記念館、鳴門ドイツ館を見学し、さぬきへ。
昼食は名物讃岐うどんをご賞味ください。
お庭の国宝と呼ばれる栗林公園を見学し、
瀬戸内海の美しい島々を展望できる鷲羽山展望台へ。
その後、倉敷のホテルへ。夕食まで美観地区を自由に散策ください。【倉敷泊】
3日目 倉敷

岡山

(岡山空港)
羽田空港
大原美術館を貸切モーニングツアーでご見学ください。
倉敷美観地区を歩き、石井十次ゆかりの岡山へ。
「孤児教育会(のちの岡山孤児院)」創立の地、三友寺や石井十次記念館を見学し、
昼食を取って日本三大名園の一つ後楽園を散策します。
夕方~夜の便(16:15~17:15頃発)で羽田(17:30~18:30頃着)へ。
到着後、解散。
利用交通機関
航空会社:全日空、日本航空
利用予定ホテル
南あわじ/南淡路ロイヤルホテル   倉敷/倉敷ロイヤルアートホテル
食事
朝2回、昼食3回、夕2回
添乗員
徳島空港から岡山空港(駅)まで同行します
最少催行人数
10名様以上
パンフレットダウンロード