【※今期募集終了】島原・天草キリシタンの旅
クリックにて拡大
プランナーより一言
 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産として、
2018年に世界遺産に登録された「原城跡」「天草の﨑津集落」を含め、
キリシタンの歴史を島原と天草に訪ねます。

 映画「沈黙」の冒頭部分に登場した雲仙地獄や、
日本キリスト教史における初期の中心地であった日野江城跡、
天草一揆勢が籠城した原城跡、天草の3つの資料館
(天草キリシタン館、天草ロザリオ館、天草コレジヨ館)で歴史、文化に触れます。
海の天主堂とも呼ばれ、バックの海に良くマッチした﨑津天主堂も訪ねます。

 ご宿泊は、雲仙の老舗旅館「宮崎旅館」と
天草のリゾートホテル「望洋閣」でごゆっくりとくつろぎください。
出発日と料金
※2019年春の企画は募集を終了いたしました。
6月初旬に発行予定の弊社DMにて、ご案内させていただきます。
次の企画をお待ちくださいませ。
旅程
日数 場所 旅程詳細
1日目 羽田空港
(長崎空港)
島原
雲仙
朝の便(08:00~10:00頃発)で長崎(10:00~12:00頃着)へ。
到着後、空港近くの天正遣欧少年使節の像を見学して島原半島へ。
島原城のキリシタン資料を中心に見学します。その後、雲仙へ。
雲仙地獄(殉教地)を見学。【雲仙泊】
2日目 南島原


天草
有馬のセミナリヨ跡、有馬氏の居城だった日野江城跡(車窓)、
世界遺産「島原の乱」で有名な原城跡、
島原半島最初の教会があった玉峰寺を見学し、フェリーで天草へ。
本渡殉教公園、天草キリシタン館を見学し、下田温泉へ。【天草泊】
3日目 天草

(熊本空港)
羽田空港
キリスト教解禁後、天草で初めて建てられた大江天主堂、
世界遺産の崎津集落と天主堂、天草コレジヨ館を見学し、熊本空港へ。
夕方~夜の便(17:20~20:00頃発)で羽田(19:00~21:25頃着)へ。
到着後、解散。
利用交通機関
航空会社:全日空、日本航空、ソラシド航空
利用予定ホテル
雲仙/宮崎旅館   天草/望洋閣
食事
朝2回、昼3回、夕2回
添乗員
羽田より全行程同行いたします。
最少催行人数
10名以上
パンフレットダウンロード